[犯された新妻]305号室のオンナ第7話「管理人の巨根に堕ちた305号室のオンナ」の感想

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ〇ポに孕まされる運命の部屋へ~

305号室のオンナ第7話「管理人の巨根に堕ちた305号室のオンナ」を読んでみました。

内容と感想を紹介します。

 

こちらをクリックすると無料試し読みができます⇩⇩

無料試し読みはこちらから


 

須郷の肉棒なしでは生きられない楓

数日間、楓と夫は子作りをしていた。

でも愛する夫とセ〇クスをしているの楓の表情は暗かった。

それは、夫とのセ〇クスでは身体が満たされないからだった。

 

楓は自分の肉体は、もう須郷のものになっていることに気がついた。

 

そんな時、須郷から連絡がくる。

 

連日の夫との中出しセ〇クスを須郷は監視カメラから見ていたのだ。

 

そして…

旦那の汚い精子入りのまこなんていりません。特別にあなたを解放してあげますよ」と楓に伝える。

 

楓はやっと自由の身になった。

もうこれで嫌な中年オヤジに犯されなくていいんだ…とホッとする楓。

 

でもホッとした気持ちは一瞬だった。

楓はすぐに須郷の部屋に向かっていた。

 

須郷の部屋では、裸で抱き合う須郷と楓。

 

楓は、「おま〇こに早く入れて」と言わんばかりに、須郷の前で股を大きく開く。

 

 

 

早くちょうだい…

 

 

須郷はカチカチになった巨大なチ〇ポを、大きく開いた楓のおま〇こにぶち込んだ。

 

 

楓の紅潮した喜びの表情は、夫のとセ〇クスの時とは全く違っていた。

 

中にだして!あっついおたまじゃくし欲しいの」と叫ぶ楓。

 

楓はもう須郷のチ〇ポなしでは生きていけなかった。

 

楓「お願い、捨てないで…」

 

楓の願いに須郷が出した条件は…

これから一切夫婦の子作りは許可しませんよ

 

楓は「わかりました」と答えていた。

 

こちらをクリックすると無料試し読みができます⇩⇩

無料試し読みはこちらから


 

第7話の感想

やっと須郷とのセ〇クスから解放されたのに、楓は自分から須郷の部屋にいき、股を広げるところが印象的でした。

二人は裸で抱き合い、楓の股は大きく開きおま〇こが須郷の前にあらわになっています。

須郷のモノが早く欲しくて仕方ない楓の気持ちがよく伝わるシーンでした。

もはや本能だけで動いている楓は発情した動物のようです。

 

最初はあんなに抵抗していて、須郷とのセ〇クスは苦痛でしかなかった楓です。

でも何回も何回も犯されていくうちに、身体の敏感な部分はどんどんと開花されていったのだと思います。

 

一度開花されてしまったらもう戻れなくなるのかもしれません。

 

須郷とのセ〇クスの時の楓の表情はとても色っぽくてきれいです。

身体も密着させて足もピッタリと須郷に絡めています。

 

これまでのセ〇クスのシーンと違い、身体全体や言葉で快感を叫ぶ楓の姿に、こんなに変わってしまったんだなと驚きました。

 

夫婦との子作りを禁止されて、楓は迷うことなく了解していました。

この先を想像してみました。

 

これから夫との子作りができないということは、中出しセ〇クスができないということになります。

夫婦なのに中出しセ〇クスが出来ないことになれば、夫に気づかれるのは時間の問題でしょう。

 

この夫婦はこれからどうなっていくのでしょう。

楓はこの先どうなっていくのでしょう。

 

自分が夫だったら…

自分が須郷だったら…

自分が楓だったら…

 

と感情移入して読むともっともっと興奮することができると思います。

 

とても興奮する作品でした。

 



電子コミックなら安心して読める

エッチな漫画を見たいときは電子コミックがオススメです。

オススメな理由は、

 

紙の漫画本と違い手元に本がないので、読んでいることが周りにバレない

請求書から購入した漫画がバレない

スマホやPCでいつでも何度でも好きなときに読める

話単位で購入できる(1話約80円)

 

電子コミックならエロい漫画を書店に買いに行く手間もいりませんし、持ち歩く必要もありません。

スマホがあれば、好きな時間に好きな場所で、漫画を見ることができます。

 

家族や友達に気づかれずに一人でひそかにエロい世界を楽しめます。

 

濃厚なエロの世界に浸り、たっぷりと妄想を楽しんでください。

 

月額コースの金額は以下の中から選べます。

■324円

 

■540円

 

■1080円

 

■2160円

 

■3240円

 

■5400円

 

■10800円

 

■21600円

324円から21600円まで、たくさんの定額プランがあります。

 

電子コミックをちょっと試してみたい人は324円から楽しむことができます.

思う存分、たっぷり楽しみたい人にも充実のコースがたくさんあります。

自分の予算に合わせて好きなコースから選ぶことができます。

 

bookliveコミックはこちらから