子宝くじ~1等は孕ませ用JK嫁~第2話「新品マ〇コ俺のモノ!種付けは念入りに…」を読んだ感想

子宝くじ~1等は孕ませ用JK嫁~第2話「新品マ〇コ俺のモノ!種付けは念入りに…」

を読んでみたので内容と感想を紹介します。

 

主人公は試しに買ってみた子宝くじの1等に当選した。

 

これは政府公認の少子化対策の一環で、妊娠適齢期の女性と子作りできるという超嬉しい宝くじだ。

 

そした、ある日、高校生のカンナが送られてきた。

 

カンナは処女検査もされていて、正真正銘の処女だった。

 




無料試し読みを見てみる
試し読みでストーリーの雰囲気がわかります

 

第1話のあらすじ

カンナを押し倒す主人公。

 

カンナの下着はすでに湿っていた。

 

興奮する主人公。

 

男性経験のないカンナは、足を広げられ震えている。

 

カンナのおま〇こは、ヒクヒクしている。

 

「行くぞ!」

 

主人公は、カンナのおま〇こにチ〇ポを挿れていく。

 

処女膜をブチブチと押し広げて奥まで挿れていく。

 

カンナは痛みで苦しそうな表情をする。

 

その表情を見て、主人公はさらに興奮する。

 

初モノのキツキツおま〇こで、快感を味わう主人公。

 

入れては抜いて、入れては抜いて…

 

射精寸前だった…

 

カンナはただただ、痛みに喘いでいた。

 

主人公はカンナのおま〇こに大量に射精する。

 

カンナのおま〇こに、初めて男性の精液を注がれたのだった。

 




無料試し読みを見てみる
試し読みだけでも興奮します

 

 第2話の感想

興奮がヤバイです!!

 

かわいい高校生、しかも処女…

 

そんなカンナに自分が挿入していることを想像したらたまりません。

 

そんな男性経験のない女性の初モノおま〇こを味わえるなんて興奮するに決まってます。

 

 

挿入されるときのカンナの表情がたまりません。

 

快感の主人公とは逆に、カンナは痛みに喘ぐところが興奮します。

 

痛みに喘ぐカンナが切ないです。

 

今は痛いかもしれませんが、これからどんな風に女になっていくのかを想像すると…この先が楽しみになります。

 

好きな男性から処女を奪われるのではなく、初対面の男性から処女を奪われるのは…切ないです。

 

漫画の中の文章の表現もかなりそそられます。

 

主人公がカンナの中に入るときの表現がたまりません。

 

絵だけでなく、文章でも興奮する作品です。

 



エロ漫画を見るなら「book liveコミック」

エッチな漫画を見るときはbook liveコミックがオススメです。

 

bookliveコミックがオススメな7つの理由を紹介します。

 

1.スマホ、パソコンでいつでも好きな場所で読める

2.手元に紙の本がないので、エロ漫画を読んでいることが周りにバレない

3.請求書から読んだ本がバレない

4.読みたい漫画の1話単位で気軽に購入できる(1話約87円)

5.購入する前に無料試し読みができる

6.クレジット払いの場合、初月は無料

7.定額プランで足りなくなったら、途中からポイント追加ができる

 

電子コミックならエロい漫画を書店に買いに行く手間もいりません。

 

自分で書店に買いにいくのは恥ずかしい時もありますよね。

 

でも電子コミックなら書店に行かなくても買えるので、恥ずかしい思いをしなくても手軽に買えます。

 

スマホがあれば、好きな時間に好きな場所で、漫画を見ることができます。

 

紙の漫画とは違うので、エロ漫画を読んでいることが周りにバレません。

 

もちろん請求書から漫画のタイトルを知られることはありませんので、家族がいる人でも安心です。

 

エロい漫画を読んでいることも知られなくて済みます。

 

誰にも気づかれずに一人でひそかにエロ漫画で至福の時を楽しめます。

 

濃厚なエロの世界に浸り、たっぷりと楽しんでください。

 

月額コースの金額は以下の通りです。

■324円

 

■540円

 

■1080円

 

■2160円

 

■3240円

 

■5400円

 

■10800円

 

■21600円

324円~21600円まで、たくさんの定額プランがあります。

 

料金プランは途中から変更できます。

 

電子コミックをちょっと試してみたい人は324円から楽しむことができます。

 

思う存分、たっぷり楽しみたい人にもたっぷり読めるコースがたくさんあります。

 

自分の予算に合わせて好きなコースから選げます。

 

私は2000円のコースにしていますが、もっと読みたい時はポイントを追加して読んでいます。

bookliveコミックはこちらから